今日も明日も明後日も

ありのままの自分を見つめたり、見ぬ振りしたりの記録を綴っています

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by ゆまる on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

墓を持たないという選択

Posted by ゆまる on   4 comments   0 trackback

おはようございます、いよいよ帰省ラッシュが始まりましたね

お盆でも仕事で夫はいません、いつもなら「あー、せいせいする」と(アハハ、ほんとひどい妻!)

でもお盆の時に一人でお墓参りは寂しく思います



私達は50を過ぎた頃から「お墓」について何度か話し合っています

二人の息子がいますが、長男は転勤族で日本各地を2~3年ごとに転々と

次男は今は日本にいますがボヘミアンな人なので、いつ海外に行ってしまうか当てにならない人です

老後は子供のお世話にならずに生活をしていくつもり

将来的にも同居は考えていないし、老夫婦が健康であればそれが一番気楽に思えて

もし健康でなくなったら?・・・グループホームに夫婦で入ろうかな?

どちらにしても傍にいない息子達とは、別々の生活をしていくことになるでしょうねぇ


そして私達が亡きあとは、子供達に墓守はさせない予定(今のところは、そう思っているの)

だからいろいろ調べたんだよね、永代供養とか散骨の事を

私は花が大好きでいつも花と共に暮らしているので、こんなのを見つけました


共同のガーデニング墓地、これはすごく気に入ったわぁ
a02501.jpg


私も夫も同じ市に生まれ育ち、駿河湾と富士山には幼い時から慣れ親しんでいます

だから大好きな富士山の見える駿河湾沖に散骨してもらってもいいかなと
a02521.jpg


といってもまだまだ先の事、予定ではあと30年以上この世の人生を楽しむつもりよ(笑)

それでも「人生のしまい方」を夫婦で考えておく事は大事な事だと、私は思っています


最後まで読んでくださって、ありがとう ↓ポチっと応援もお願いね
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

・香菜・ says... ""
初めまして。 

ちょうど私もお墓についてどうしようかな?
と思ったところでしたのでおじゃましました。

うちはまだ夫婦で話しあっていませんが
いつかは必ず具体化する話ではあります。

墓を持たないという選択は 勇気のいる選択です。
片方の存在がなくなった時、急に考えられるものじゃ
ないので 今からじっくり考えていきたいですね。
2011.08.13 14:51 | URL | #HuBhO90w [edit]
・香菜・ 様へ says... "Re: タイトルなし"
こんにちわ、・香菜・ さん

夫は三男坊でお墓は持っていないので、死後どうするのか話し合っています
その前に老後の生活があるのですが、生きているうちは二人でなんとかやっていこうと

でも亡くなってからの事を決めておかないといけないのでは?と思い
葬式のやり方とか、個人でお墓を持たないならどうしたらよいのか
遺言ノートなるものに書いておこうと思っているんです

友人は二つの墓守をしていて、とても大変そうです
私達もお墓を作って何代にも渡ってお世話してもらうのも、どうかと思っています

桜の木の下に埋葬するのもあるそうです
桜は日本人の心のよりどころ
春になって皆さんに花を愛でてもらうのもいいわねなどと、いろいろ考えています
2011.08.13 16:54 | URL | #- [edit]
pakaママ says... ""
私も子供が自立したら考えなくてはいけない問題です。
良さそうな方法が見つかったら教えて下さい。

それよりも自分の老後の自立を考えることが先かも ^^;

2011.08.14 00:48 | URL | #oVsgv5kc [edit]
pakaママ様へ says... "Re: タイトルなし"
おはよう、pakaママさん

pakaママさんは立派に自立しているじゃぁ、ないですか!
いつも一生懸命の仕事振りを読ませて貰って感心しています

私達の代で築いたものは私達の代で終わらせればいいという考えています
何も財産は残さないけれど(ぷっ、残したくてもないの)、死後は負担にならないような形にしておこうと・・・

子供には私からキルトを、夫は何を残してあげるのでしょうかねぇ
やっぱりキルトだったりして?、それもいいかもね
両親からキルトなんてそうそう貰える物じゃないものね
2011.08.14 07:55 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wankotohana.blog50.fc2.com/tb.php/850-95c9fe1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。