今日も明日も明後日も

ありのままの自分を見つめたり、見ぬ振りしたりの記録を綴っています

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by ゆまる on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この桜の木が伝えたかったこと

Posted by ゆまる on   4 comments   0 trackback

おはようございます


岩手県陸前高田市のこの桜の木を見てほしくて
a01341.jpg

3月11日の大津波で根ごと流され、積み重なったがれきの上に横たわりながらも咲いている桜の木

震災後、新聞で悲しくて悔し涙を随分流した私ですが

この桜の木には生命の逞しさに感動して涙が溢れてきました


岐阜県根尾の樹齢1500年という薄墨桜を見た時に憶えた感動が蘇ってきて

大きく広がった枝々は多くの柱で支えられ、幹には穴が開きながらも

溢れんばかりに咲いている桜の姿に心を揺さぶられた事を



根尾の桜も陸前高田市の桜もどんな苦境の中でも精一杯生きる事の素晴らしさを

私達人間に意志を持って伝えようとしているかのように思えてならないのです


最後まで読んでくださって ありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

mahorin says... "NoTitle"
こんばんわ~

生命のたくましさ・・私も今日母の日用のカーネーションの一部があの津波の被害の中でもつぼみも持って咲いているのを見て感動しましたよ。

花は自分が咲くことが仕事と思ってでもいるように
その時がくれば咲いてくれますね。
被災された方々はいったいどんな複雑な心で今同じ花を見ているんだろう。。。花の仕事って生きることのすばらしさや生命の重みを人間たちに教えることなのかなぁ。

庭のない暮らしをして早8年・・・1年の移り変わりに疎くなってきているのかもしれません。
お花屋さんの前では立ち止まって見ているけれど・・それとは違う自然の芽吹きを以前は見ていたからね。門の脇の沈丁花の香り・・針が痛いゆずの木・・
毛虫が落ちる桜の木・・片隅にさいていたスズラン・・
いろーーんなことを思い出しました。
やっぱり庭ってもしかしたら必要なものなのかもしれないわ。

2011.05.03 21:56 | URL | #q.4Omop2 [edit]
pakaママ says... "NoTitle"
本当に勇気づけられます。
ありがとうございましたv-352
2011.05.04 01:43 | URL | #oVsgv5kc [edit]
mahorin様へ says... "Re: NoTitle"
おはよう、mahorinさん

私は新聞でこの写真を見た時は「生きるってこういうことなんだ」って深く心に思ったのね
被災地で咲くこの桜はやがて枯れる事でしょう
それでも命をまっとうすることの大切さを感じます

地震や津波を引き起こしたのも自然の力
こうして季節ごとに花を咲かせてくれるのも自然の力
複雑な気持ちになりますが・・・
2011.05.04 07:54 | URL | #- [edit]
pakaママ様へ says... "Re: NoTitle"
おはよう、pakaママさん

ほんとうにねぇ、この桜は市内の中学校に植えられていた桜らしいのね
そしてその中学生達が今いる仮校舎の近くまで流されていてきて、こうして咲いているんですって。
子供達はこの桜の無残さも、そしてそれでも咲く逞しさも感じながら桜を見ているのでしょうね
2011.05.04 07:59 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wankotohana.blog50.fc2.com/tb.php/764-0c06209b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。