今日も明日も明後日も

ありのままの自分を見つめたり、見ぬ振りしたりの記録を綴っています

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by ゆまる on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントしてくださった方達に

Posted by ゆまる on   7 comments   0 trackback

こんにちは、先程病院から戻りました。

病院に行く前に自分の気持ちを落ち着かせる為に 昨日の出来事を書きました。

書き終えても気持ちの整理もつかず、重い気持ちで主人と病院に向かっている途中 弟が大好きだったコーヒーを飲ませてあげたいと思ったのです。

もう一年以上も口から食べ物や飲み物を入れていないので実際には飲ませる事は出来ないのですが 喫茶店にお願いをして運べるようにつくってもらいました。

コーヒーの香りを嗅がせてから、コーヒーを私の指につけ弟の口を湿らせてあげました。

手術前は昏睡状態でしたが、弟は飲んでいるように僅かに口と喉を動かしました。

この時、私は昨日の決断は間違っていなかったのだと思ったのです。

今も意識はないのですが、主人は弟に「優しい姉さんがいて良かったな」と話しかけてくれました。 この優しさに何度も私は助けられて・・・ありがとう、あなた

そして明日はケーキを持っていく約束をして帰ってきたのです。


ブログを開いたら私を勇気付けてくださるコメントが入っていて。

ありがとうございます。
私は人の命に関わる決断をしたことを、いつも私の味方になって優しくしてくれる主人以外の人に分って貰いたかったのかもしれません。

いい年をしてみっともないかもしれないけれど、こわがりやの私は弱い人間なんです。

皆さんに励まして頂いたことで自分を慰める事が出来ました。

ありがとうございました。

スポンサーサイト

Comment

キャノコと晴れ says... ""
ゆまる様

何か言いたいし、何かしたいんだけど・・・

ごめん 何も言えない。

あなたの辛い気持ち、せつなさ・・・

ごめん やっぱり何も言えない。

からだに気を付けてください。

2010.12.29 21:25 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.12.30 00:22 | | # [edit]
キャノコと晴れ様へ says... ""
おはよう、キャノコと晴れさん。

私が大変な時はいつも助けてくれてありがとうね。
あなたがいなかったらワンコさんを迎えに行く事が出来ず、病院から帰ることも出来ないし途方に暮れてしまっていました。
いつもいつも明るく接してくれるおかげで私も気持ちの切り替えが出来、楽しいひとときをすごせるんです。
こんなに優しい友人が近所にいてくれて私は心強く思うし、幸せです。
これからもよろしくね。
2010.12.30 08:37 | URL | #- [edit]
みく says... ""
ゆまるさん こんにちは。

今年も大変お世話になりました。
来年もどうぞ宜しくお願いします。

ゆまるさんが考えて考えて出した決断が正しかったって再認識出来て良かったね。

旦那っちさんも近くに住む親友のお友達もみんなゆまるさんを支えてくれて力強いよね!!
私も・・他のネットのお友達もみんな付いてるからね!!

2010.12.30 17:01 | URL | #eMknYnEw [edit]
みく様へ says... "Re: タイトルなし"
こんにちは、みくさん。

こちらこそお世話になりました。
お正月は旅行もキャンセルしたので病院に行く以外何も予定がないので、プレゼントを完成させますね。
出来次第送る予定です。

弟のこれからはどうなるのかよくわかりません。
今日は呼びかけに少し反応してくれたのでまた山を乗り越えたのか、それともこのまま退院出来ない結果になるのか・・・

それでも私は私に出来る事をしていればもう後悔する事はないと思えるようになりました。

今年はみくさんも私も辛い事の多かった一年でしたね。
来年は日々明るくすごせるよう生きていきましょう。
2010.12.30 17:33 | URL | #- [edit]
ミンタン says... "お大事に。"
ゆまるさん、わたし何度もゆまるさんのブログを読ませていただいて何かコメントをしなければ…と思うのですが、どんな風に声をかけたらいいのかわからなくて…

でも、ゆまるさんのブログを読ませていただいて、父のことが思い出されて…こんなこと書いていいのかと思いましたが…気にさわるようなことがありましたら消しちゃってください。

手の施しようがない状態の父の最期、母はもうすでに認知症で訳がわからなくなっていたので父の命の選択は長女のわたしに任されました。

父の病気は骨髄異形成症候群の中でも一番たちの悪い型で、抗癌剤の治療も骨髄移植も何もできない状態でしたので輸血などをしながら入退院を繰り返しました。
意識が朦朧としている中で全身の激しい痛みを訴える父にしてあげられることは一体何なのか…
モルヒネの量が少しづつ増えていくけどそれにも増して痛みが酷くなり、最後はこれ以上モルヒネを増やすと意識がなくなるというところまできました。
 その時、意識がなくなってもいいから痛みを取ってあげて欲しいとDr.に伝えたのはわたしです。
そして、モルヒネが効いて少し穏やかに息をし始めた父でしたが、その2日後に亡くなりました。

あの時、父は何か言いたかったのかもしれない、痛いけど意識がある方がいいと思っていたのかもしれない、それなのにと今でも思い出すたびに父に申し訳なかったと涙が出ます。

ゆまるさんが手術を選択したこと、間違いではなかったんだと思います。

わたしも父の最期にできることがあったのなら絶対に手術でも抗癌剤治療でもなんでもやってあげたいと思いましたから。

弟さんが大好きだったコーヒーを持っていってあげられてよかったですね!ケーキも持っていってあげられて嬉しいですね!
そして、たくさんお話をして差し上げてください!
弟さんにはみんなわかっていらっしゃるはずですものね。

でも、ゆまるさんが疲れてしまわないように気をつけてくださいね。

なんだかとりとめもなく長々と書いてしまいましたこと、お許しください。


今年ももう終わります。
今日、ゆまるさんに作っていただいたお飾りを飾りました。我が家の玄関にはもったいないくらい素敵です(*´∀`*)
今年もありがとうございました。

2010.12.30 22:15 | URL | #sCdCES4I [edit]
ミンタン様へ says... "Re: お大事に。"
おはよう、ミンタンさん。

私は辛い時、私よりもっと辛い思いをしている人がいる、だから私は負けないぞって思うようにしているのね。
ミンタンさんにとても辛い事を思い出させてしまって、ほんとうにごめんなさいね。
そして、ありがとうね、私を気遣ってくれて。

人生はいい事ばかりじゃないけれど、乗り越えた先にはいい事もたくさんあるはず。
今はそう思っています。

これからも交流続けさせてね、宜しくお願いします。




2010.12.31 09:56 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wankotohana.blog50.fc2.com/tb.php/674-31220a15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。