今日も明日も明後日も

ありのままの自分を見つめたり、見ぬ振りしたりの記録を綴っています

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by ゆまる on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き様に胸打たれて

Posted by ゆまる on   2 comments   0 trackback

こんにちは、今日はGW中お日様も出っぱなしで少しお疲れ?
朝からの雨では外出は止めにして、どっぷりTVにかじりつく事に。

AM10時からNHKハイビジョンで「伝説のボクサー」をお休みで家にいた主人とみたのです。

そのボクサーの名はカシアス内藤さん。
彼のボクシングに架ける半生のドキュメンタリーでした。

彼は日本女性とアメリカ兵士の間に生まれたハーフです。そして父親は彼が2歳の時に戦死したそうです。
それだけでも彼の成長する道は茨の道だと想像できました。

東洋ミドル級チャンピオンまで登りつめ、世界チャンピオンを期待されながらも思うように勝てず引退しました。
そして2004年までボクシング界から離れていたのです。
現役の時の彼と輪島さんの試合が流された時、何度ダウンしても立ち上がり、格上の輪島さんに向かっていく姿に胸打たれたのです。
今も歴史に残る名勝負だそうです。

「負けたからこそ、挑戦できる。」と彼は言いました。
先日、高橋大輔君のドキュメンタリーを見ていたら高橋君も同じ事を言っていましたね。
挫折と栄光の間にある深い谷は悔しさをバネにし、努力して越えていく。
口で言えても、行動で示す事の難しさ。


2004年に喉頭癌の宣告を受けてからボクシング界に復活し、ボクシングジムを開き選手の育成に残された人生を奉げているのです。
tv0011.jpg

彼は言いました。手術すれば癌は取れるかもしれないが、話すことが出来なくなる、そうなれば選手の指導が口で伝えられない、だったら癌と共存しながらやれるとこまでやってみる。

彼の身を削ってまでのボクシングに架ける思い。
彼の育てた選手が世界チャンピオンになれますように!

いつもありがとうね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

みく says... "NoTitle"
ゆまるさん こんばんは!
早速来ましたよ♪
カシアス内藤さん今日TVに出てたんですね!!
そういえばカシアス内藤さんの息子のリッキーが近い内TVに出るって言ってたけど、この事だったのかな?
私も是非観てみたかったわ!!

私は息子のリッキーを通してカシアス内藤さんを知った訳なんだけど、
その後、雑誌や本、そしてリッキーからの話とかで知ったカシアス内藤さんの人間性は素晴らしいと感動します。
色んな苦労をして来た事だと思いますが、
その苦労がしっかり肥しになっていて心の優しい本当立派な人なんですよね。
私もカシアス内藤さんの育てた選手が世界チャンピンになる事を祈ってます!!
出来れば第一号がリッキーだったら最高なんだけどね。
2010.05.07 20:53 | URL | #eMknYnEw [edit]
みく様へ says... "Re: NoTitle"
こんにちは、みくさん。
観れなくて残念でしたね。
律樹君も多く出ていましたよ。
お父さんの血を引いて将来が楽しみな若者ですね。
私はスポーツが好きなんだけど(観るのがね)、アスリート達のひたむきな努力にいつも感動しちゃいます。
勝っても負けてもそこに立つまでの心の葛藤を知り、私の弱い心を見つめたり・・・
きっとデジタルのNHKで再放送されると思うから、今度は見逃さないでね。
2010.05.08 15:45 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wankotohana.blog50.fc2.com/tb.php/504-4b4a15c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。