今日も明日も明後日も

ありのままの自分を見つめたり、見ぬ振りしたりの記録を綴っています

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by ゆまる on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松浦香苗さん

Posted by ゆまる on   0 comments   0 trackback

本の整理をしていたら、30年前の松浦香苗さんのこんな本が出てきました。

わーっ、懐かしい~!
pa0150_convert_20090306082652.jpg


私は、この本で初めてリバティの生地を知ったのです。
この頃、日本では普及していなく、イギリスで買い求めたそうです。
pa0152_convert_20090306082936.jpg


この手作りのテーブルクロスは憧れました。
pa0151_convert_20090306082821.jpg


作品に時代を感じないですよね。今でも新鮮です。
pa0149_convert_20090306082527.jpg


松浦さんの作品は、パターンはシンプルですが生地の生かし方がとても素晴しいんです。

お気に入りの生地をこよなく愛しているからなんでしょうね。

松浦さんの何十年経っても一貫した生き方と、生地へのこだわりがとても魅力ですね。

創作的なキルトには驚きを伴う感動もあるけれど、昔からあるパターンと生地で生活を彩る事の楽しさの方が魅力を感じる私です。

いつも皆様の応援に感謝しております。宜しければポチッっと励ましていただけますか?
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

ありがとうございます。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wankotohana.blog50.fc2.com/tb.php/293-c73a0c04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。