今日も明日も明後日も

ありのままの自分を見つめたり、見ぬ振りしたりの記録を綴っています

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by ゆまる on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツルかごにロベリアを

Posted by ゆまる on   0 comments   0 trackback

毎年、冬になると沢山ツルを採ってくる。私はドライフラワーのアレンジを趣味と実益を兼ねて楽しんでいるのでツルを使って制作することが多い。でも採ってきて汚れを落としたら、まず最初にガーデニング用にツルかごを編む。今年は小さな吊るしかごを作ってみた。昨日までパンジーだったのだが、流石に取替えなければと思い、ロベリアを入れてみた。素朴なツルかごはどの花とも相性が合うので大好き!だが、大体1~2年で傷んでしまう。底が花に水を上げる時濡れて腐ってしまうのだ。今年は底の中心を大きく開けて、水に濡れない様に工夫してみた。( なぜ、もっと前に気が付かなかったのか? )半年経っても作りたてのようにしっかりしている。
turu0001_convert_20080527185933.jpg

傷むから毎年作るのに、これでは楽しみがなくなるかも?

これは野菜かご。3年前に作ったのだが随分重宝している。
turu0002_convert_20080527190652.jpg

ツルは、まだまだ沢山ある。
梅雨になるとガーデニングが楽しめなくなるので、ツルを2日程バケツに浸し柔らかくして、いくつかかごを編む予定。梅雨は歓迎できないが、思わぬ楽しい時となる。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wankotohana.blog50.fc2.com/tb.php/21-eeaf1f61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。