今日も明日も明後日も

ありのままの自分を見つめたり、見ぬ振りしたりの記録を綴っています

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by ゆまる on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北風と太陽

Posted by ゆまる on   2 comments

昨夜夫と晩酌している時に体罰の話になって

「行き過ぎた体罰はよくないよな」と夫が言ったことが発端で、不味いお酒になってしまいました

私は行き過ぎていようが、行き過ぎていなかろうが「体罰」は断固反対!

体罰で教師の熱い思いが伝わるとは思わないし、能力が伸びるとも思わない

自分の子育ての反省を踏まえて、そう思っています


最近、アメリカの大学のアメリカンフットボールのチアリーダーが坊主になった話知ってます?

そのチームの監督が白血病になって、その支援の証しとして坊主になった話です

どうしてそんな事をしたかというと、その監督がとても素晴らしい人格者だからなんです


いつもどの選手にも、長所を褒めチームには君が必要なのだと話していたそうです

選手たちも評価してもらい信頼されている事で、どんどん能力を発揮して

万年弱小チームが強豪チームになったんですって


私は「北風と太陽」の話を思い出しました

北風が冷たい風を吹けば吹くほど旅人はコートをしっかり押さえ、脱ごうとしませんでしたよね

太陽が温かな日差しを降り注いだら、旅人はその暖かさにコートを脱ぎました

教育にも通じますよね、冷たく厳しい態度で人を動かそうとしても、かえって人は頑なになるけど

暖かく優しい言葉を掛けたり、態度を示すことによって初めて人は自分から行動するのだと

元ジャイアンツの選手だった桑田さんも「体罰で強くなるなら、皆プロになれる」と言っていました

そんな話を夫にしました

夫は「そうだな、体罰はやっぱりよくないな」って言いました、ホッ、良かった!


でもお酒を飲みながらする話ではありませんでした

私も子育て中は感情的になって、子供に手をあげた事もありました

厳しくし過ぎて辛い思いをさせた事のでは?と思い、気持ちが沈んでしまったのです

お酒は楽しい話で笑いながら飲むのが、一番です


最後まで読んでくださって、ありがとうございます ポチも頂けると嬉しいです
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
ブログ村 50代主婦

スポンサーサイト

Comment

エグランティーヌ says... ""
ゆまるさんに賛成。
昔は、少しくらいは暗黙の了解?でげんこつなんか、何時でももらってた。って主人が言うけれど、これだって、強くなれたわけじゃないと思います。
ぜったいに体罰はいけないですよね。
上下関係の中では、いじめになります。
男のなかには、まだ、少しくらいって思う人が多い気がします。
ゆまるさんはまっすぐな人ね。
わたし、こういう話で、ちょっとでも、意見の相違が出そうになると、心の中で
「話になんない。ばかばかしいからヤーメタ」ってだまります。
こんなのは良くないんだろうとは思うんですが、なんかもう面倒になってしまう。
2013.01.30 07:34 | URL | #- [edit]
エグランティーヌ様へ says... "Re: タイトルなし"
おはよう、エグランティーヌさん

体育会系の教師志望の学生も「多少の体罰は必要」とTVで言っていました
それって自分たちがそうされたから、そう思うのだと思ったの
虐待の連鎖と同じ思考なんですよね
そんな学生が教師になったらと思うだけで、ぞっとしました

私たち夫婦はよく話し合いをするほうかもしれないですね
もやもやしているのは嫌なので、お互いに言い合います
私が反省して謝る時もあるけど
たいていは夫が面倒くさくなって
「わかった、オレが間違っていた、ごめんな」で幕切れですが・・・
2013.01.31 07:10 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。